読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火曜の夜にバスを待つ 〜ディズニーワールドで働く〜

三味線の師匠が米国三越CRプログラム生としてアメリカのWDWで働いていたブログです

CRプログラムについてあるあるな質問

f:id:hanaekiryuin:20161019195223j:plain

アメリカ・フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールドで1年間働くことのできるプログラム「CRプログラム」。

 

これに関してとても多くの方が、かつて働かれていた先輩方のブログを頼りに面接や審査に臨まれてることと存じます。

まあ、私もその一人だったわけで…。その節は大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

 

 

分かりますよ、めっちゃ分かりますよ。その気持ち。だって絶対このプログラム行きたいんでしょう?アメリカのディズニーで働きたいんでしょう?一度は最終まで行ったんだ!って方なら尚更でしょうよ。どんな情報でも手に入れたい!というその姿勢、大事だと思います。

 

 

親切なブロガーさんとか、質問を受け付けてくれていたりしますもんね。そういうのはバンバン頼った方が良いと思いますよ。

 

 

私も幾つか質問を受けたり、また他所様のブログで見た質問の傾向とか見て…だいたい受験者の皆さんの知りたいことはざっくり下記の3通りに絞られてるんじゃないかなあと思います。

今日私が書きたいのは「これらの質問に関して、既プログラム参加者はどこまで答えることができるのか?許されているのか?」ということです。

 

受験に関する質問は口止め事項だ!

受験に関する質問は…まあ、したいですよね。

例えば「試験内容はどんな感じだったのですか?」とか「どんな質問をされましたか?」とかそういったことですね。

 

これはですね…公に書いているブロガーさんもいらっしゃるのかもしれませんが、実は受験に関する質問は”米国三越”からかた~く口止めされているんですね。

 

どんな内容だったかとか、何を聞かれたのか…とか、そういったことです。三越側もそれはある程度サーチしていると思われます。

書き手としても教えたい気持ちはあるが…だがしかし!書くわけにはいかないッ!というところなんです。

 

ここのブログでも受験に関する詳細は書く予定はありません。

「こうしたら合格できるよ!」とか「私はこうしたから合格できた!」とか…

それ、生存バイアスかかりすぎてるよ…。と思うからです。

 

合格できたのには様々な要素があり、一口にこれがあったから合格できたんだ!とわかるものではありません。成功者の話を聞いたからといって、その通りにやれば成功できるとは限らないのです。

 

なので、一番聞きたいこととは思いますけれど、web上では書くのを一番憚られる項目が「受験に関する質問」なんです。

 

 

合格してから渡米までの質問はバンバン書こうかと

これに関しては「合格したものの、渡米までなにすりゃいーのよ?」とか、「何を準備すりゃいいの?」とかそういったものです。

 

渡米までなにすりゃいいのかっていいますと、例えばあるブロガーさんは渡米までに「着物の着付け習いに行きます!」とか「スペイン語始めました!」とか書かれてたりします。

早い話、各個人の自由です!英語が不安なら英語をやればいいし、着物が着れるように習いに行ってもいい、空手の型を覚えに行っても、写真のスキルを磨きに行ってもいいと思います。

 

これに関しては三越側はノータッチです。Facebookとかでも書いてる方いますしね。

 

なにを準備すりゃいいの?に関しては、ここの記事でも参考になれば嬉しいのですが

 

hanaekiryuin.hatenadiary.com

hanaekiryuin.hatenadiary.com

hanaekiryuin.hatenadiary.com

 まあ、準備物も人によって色々です。

色々なブログを参考に、持ち物を考えられるのが一番良いかと思います。

 

 

アメリカ生活での質問に関してもバンバン書けます

さしあたっての「共同生活はどうですか?」とか「寮の近くになにがありますか?」とかですかね。

その辺のアメリカ生活については気兼ねなく書けます。

 

hanaekiryuin.hatenadiary.com

 

寮に関しては、これは公式HPでも公開されている通り、あの情報にウソはないです!写真もだいたいあの通りですよ。だいたいね。

 

 

まとめ:経験者に直接聞くのが一番手っ取り早い

まあ一番良いのは既プログラム参加者と、もし取れるならば直接連絡を取って、詳しく聞ければ一番情報が入りやすいんでしょう。

そういう人に巡り合えれれば良いですね。(都心部では巡り会いやすいのかな?)

 

とはいえ、情報をたくさん得ているからプログラムに合格できる、アメリカでの生活が充実するってわけでもないのが不思議なところなんだよなあ。

情報収集全くしなくても合格した人とかいますしね。