火曜の夜にバスを待つ 〜ディズニーワールドで働く〜

三味線の師匠がCRプログラム生としてアメリカのWDWで働いていたブログです

CRプログラムの合格者に求められるスキルを考えてみた

f:id:hanaekiryuin:20161019212111j:plain

(公開日:2016年6月29日/更新日:2017年4月2日)

アメリカ・フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールドで1年間、文化交流と就労体験ができる「CRプログラム」。

 

CRプログラムでは書類選考、2次選考、最終選考と工程を経て合格者が選ばれていきます。

 

そんな中

「どんな人が合格できたんだろう?」

「どんな素質が求められていたんだろう?」

という事をずっと考えていました。

 

こんにちは、CRプログラム生としてディズニーワールドで働いていました、hanaeです。

今回はCRプログラムに参加していた一プログラム生として、この記事を書いてみます。

 

アメリカのディズニーで働くためにCRプログラムを受験する方に対して、一助の記事になれば幸いです。

 

 

私が受験した年の倍率は高かった(らしい?)

まず、私が受験した年は2000通を超える応募から実際に採用されたのは150名足らずぐらいだったのではないかなあと記憶しています。(秋季、春季合わせて)

 

CRプログラムの応募に2000通を超える応募があった!という話は最終選考の前のオリエンテーションで聞きました。

ただ、正直なところ

「えー、まだ最終試験始まってないのに、今それ言う〜〜?」

と思いました…。

  

合格後、初めて一緒に働く同期と会った時、そして働き始めた時から私はずっと考えていました。

 

「CRプログラムの採用試験で見られるスキル、求められるスキルってどんなものだろう?」

…つまり「どうして私や同期たちが選ばれたんだろう?」ということを考えていました。

  

もちろんいろいろな要素もあった(運もあったでしょうけれど。)と思います。

ですが、私は大きく分けて4つの要素があると私は思いました。

  

重要そうな項目順に並べました。

とはいえ、私自身が運の塊で合格した身分ですので、偉そうなことは何も言えません!

個人の見解ということをご了承の上、読み進めていただければ幸いです。

 

 ”英語”ではない日本語コミュニケーション能力

コミュニケーション能力というありきたりなことからはじめてみます。

 

「そんなこと分かっているよ!どこで働くと思ってるの?!」

と、すごい勢いで言われそうですね。

ですけれど、落ち着いて一緒に考えてみましょう。

 

アメリカのディズニーで働くにあたって、やはり英会話の能力は必要です。

全く英会話ができないのでは仕事に差し障りますものね。

 

ただ、選考試験や実際に一年間働いてみて、”英会話を用いるコミュニケーション能力”よりも、実は重要視されているのは”日本語を用いるコミュニケーション能力”なんじゃないか?と思いました。

 

 コミュニケーション能力というよりも、もっと分かりやすく言うと

「あなたと一緒に働きたいか?」というところを重要視されていたと思います。

  

  • 他人との調和がとれるか?
  • 自分の意見を相手を傷つけずに伝えられるか?
  • 人の話を最後まで聞けるか?
  • 自分の意見を一方的に押し付けないか?
  • 情緒は安定しているか?
  • 他人の心に寄り添えるか?

…そういったことです。

その能力はEQ(心の知能指数)というそうです。

 

意外でしょうか?

随分と日本企業的な…そういったところを見られるんだなー、と思われましたか?

 

では、少し考えてみてください。あなたは

  • 他人と調和がとれない
  • 人柄が悪い
  • 相手を傷つけても自分の意見を押し通す
  • 話を最後まで聞かない
  • 自分の意見を押し付ける
  • 情緒が不安定
  • 自分のことしか考えない

 

…そのような人と働けますか?

うーん…難しそうですよね。

 

これはおそらく日本の就職活動でも重要視される項目なのではないでしょうか?

…って、就職活動したことない私に言われても説得力ないですよね!(涙目)

 

もちろん、全員が全員この条件を完璧に満たしていたわけではないと思います。

ですが、重要視されていたところは、英語の能力よりもそれ以前の…人柄のような部分ではないだろうか?

と私は思っています。

 

もちろん英会話のスキルも重要ですが…?

英会話のスキルは先ほど書いた通りですが、部署によって求められる英会話のスキルは変わってきます。

 

それに関してはこちらの記事をご参考にどうぞ。

 

www.hanae-cr.com

交渉やゲストの要望を断ったり、専門的な知識が必要な部署に配属されると求められる英会話のスキルの重要性は大幅に変わってきます。

 

ただ、残念ながら希望する部署に必ずしも配属されるわけではありません。

ある程度どの部署に行っても円滑に仕事をするために、ある程度英会話のスキルは必要なのだと思います。

  

プログラム後のあなたの道は?どう進んでいきたいの?

これは帰国後の話です。

プログラムに合格し、ディズニーワールドで働いた後、帰国後のあなたの進路やビジョンはどう考えていますか??

ということです。

 

「…え????まだ合格してないのに、プログラム後のことまで考えるんすか????」

と思われそうですね。

ですが、これはとても大事なことです。

 

なぜなら、プログラム後のことをある程度考えないと、プログラムの途中で息切れしてしまう可能性が高いからです。

 

これは「合格した!プログラム参加できた!」ということを”ゴール”にしないために、とても大切な項目なんだと思います。

 

どんなにこのプログラムが素晴らしくても、期間はたった1年!

CRプログラムはあなたの長い人生の中でのゴールですか?

そうではないですよね…?

 

自分の人生の一年をCRプログラムで過ごすことによって、あなたがその後やってみたいことはなんですか?

この項目こそ、ぜひじっくり時間をかけて自問自答してください。

 

日本の伝統文化の特技は採用の加点ポイントなの?

最後に日本の伝統文化の特技について考えます。

これは「ある一定の領域(例えば指導できたり披露できる程度の領域)」の技術が身についていたとしても、オマケとかボーナスポイント※の域を出ないのではないか?

と私は思っています。

 

正直なところを申し上げると「着付け」「華道」「日本舞踊」などは、最初の選考書類を出してからでも習いに行けます。

たった一年間のCRプログラム期間中ならば、付け焼き刃でもなんとか凌げると思います。問題は表面上の技術ではないのです。

 

特技はあってもなくてもプログラムの合格にはあまり関係がない項目なのかもしれません。

そもそも、そういった技術は一番に求められているポイントではないと思います。

 

ただ僅差で迷っている人がいれば、何かしら日本的な特技のある人を採りたいと思うかもしれません。

ただ、それが採用の決め手になるかどうかは……?正直判りかねます。

 

たあ、ここまで書いてなんですが

「特技だけで採用されたようなお前に言われたくない!」

という凄みのあるツッコミがかえってきそうですね・・・。※

※…もしかしたら、私自身「特技のみ」で採用してもらったようなものかもしれません。ですが、それは付け焼き刃の特技ではなく、私の人生をかけたキャリアそのものだったんです。…と、僭越ながら反論させてくださいませ。

 

まとめ:なんだかんだで「運」も「タイミング」もあると思う

合格者の立場から、CRプログラム合格者に求められていそうなスキルを考えてみました。

ですが、何が決め手なのかは、はっきり言ってワカリマセン!!

 

「運」もあると思います。

面接官との相性ももちろんあると思います。

 

それにこのプログラムに合格したからといって、全員が全員「EQの高い立派な人格者」というわけではないのです。

それはもう…この…私を見ていてもお分かりになりませんか?

 

みんなそれぞれに合格できた理由があるのです。

そして合格の理由はひとつじゃないんです。

 

  • なんとなく雰囲気が良かったから
  • 素直だったから
  • 笑顔が輝いていたから
  • しどろもどろの回答に何故か好感が持てたから
  • 面白い特技があったから
  • 英語能力がずば抜けて高かったから
  • 飾り気のない雰囲気が気に入った
  • いい匂いがした

 

……これも今適当に書きましたけれど、わからない理由がそこにはあるのだと思います。

 

多種多様なCRプログラム生がいるからこそ、日本館は活性化されるのだと思います。

同じような人ばかり採用しても、組織はうまく働きません。

文化も玉石混合の方が良いものが産まれるし、完璧と思われる組織は有事の際に案外簡単に崩れると聞いたことがあります。

「淀み」や「歪み」をいれることや「完璧さを欠く」ことは、組織を作る上でとても大切なことなのです。

 

完璧な人なんて誰もいませんし そんなものはマボロシです。

CRプログラムに合格できた人を、はるか雲の上の存在と思わなくてもいいと思います。

 

関連記事

★ダイニングの配属部署についてはこちらをどうぞ

www.hanae-cr.com

 

★ギフトショップの配属先についてはこちらをどうぞ

www.hanae-cr.com

 

★応募前の方、応募を迷っている方はこちらを

www.hanae-cr.com