火曜の夜にバスを待つ 〜ディズニーワールドで働く〜

三味線の師匠がCRプログラム生としてアメリカのWDWで働いていたブログです

アメリカにとって年末年始よりも重要なのは独立記念日だったりする

f:id:hanaekiryuin:20161019191026j:plain

<公開日:2016年7月6日/更新日2017年7月6日>

アメリカの祝日は大体土日に合わせて連休になるように、年度によって日が変わる祝日がほとんどです。日本と同じですね!

 

ですが、日本が元旦を1月1日と決めて、土日とは関係なく絶対に日を変えないように、アメリカも「これだけは変えてはならぬ!」という祝日があります。

それが独立記念日なのです。

 

アメリカのウォルト・ディズニー・ワールドで一年間勤務できる「CRプログラム」。一年間滞在しますので、渡米3ヶ月後であったり、帰国直前であったり、プログラム中盤であったり、とにかくどこかで独立記念日を体験します。

 

この日は当然のごとくディズニーリゾート内もお祭り騒ぎ、そして激しく混雑します。今回はその”どこかで”体験する独立記念日について、紹介します。

 

独立記念日の名称

映画「インディペンデンス・デイ」(2016年は続編の映画もあるしね。)でもお馴染みの名称となった独立記念日。

ですが、アメリカ本土ではあまりindependence dayという名称は使わないようです。

4th,JulyやJuly,4thと言う事の方が多いようです。

(フォースジュライ、とかジュライフォースとか…。)

ちょっと新しいフォースの力みたいで、ワクワクする名称です。

 個人的にはジュライフォースの方が響きが好きです。

 

独立記念日のオーランドの街の様子とディズニーワールドの混雑度合い

まず、オーランドも例に漏れず、全米中どこの市内でも独立記念日前後は各商店セールが始まります。

いわゆる、独立記念日セールです。

 

そんなわけで…店は連日大忙しです。

そして独立記念日は祝日で休みになるので、前後に有給などを撮ったファミリーがディズニーワールドに押し寄せ、独立記念日の週はパークもどんどん混雑してきます。

当然のことながら独立記念日当日のレストランは、どちらも混みます。

その混雑ぐあいは年末年始の次に匹敵するほどです。

 

ディズニーパークは何か特別なイベントをするのか?

まず大きなイベントとして7月3日、4日にマジックキングダムで独立記念日を盛大に祝う花火があります。

そしてエプコットでは7月4日のみ、さらに大きな規模で独立記念日を祝う花火が打ち上がります。

 

…え?エプコットで独立記念日の花火が打ち上がる理由ですって?

もちろんそれは、私たちが働く日本館のすぐお隣、アメリカンアドベンチャー館があるからですっ!!!

 

アメリカンアドベンチャー館を正面として花火が打ち上がりますので、当然その余波は日本館にまで及びます。

当日の花火はあまりの火薬量に周囲が煙り、花火直後は周りが見えなくなるほどです。

その他は独立記念日記念のグリーティングがあります。

アメリカンな限定コスチュームに身を包んだキャラクターたちとグリーティングできます!

  

…で、働いている私たちには何かあるの?

この日は特別な祝日ですので、ディズニー勤務者にも恩恵があります!

ワードローブでアイスやお菓子を配っています。(私の時はアイスでしたな。)

 

ちなみに7月4日独立記念日当日は、ほぼ”フル出勤”体制でシフトを組まれますので、7月4日が休みになる可能性は低めです。

もし早番などで早く仕事が上がれたら花火を観に行くことができますが、出勤の場合は諦めてください…。

東京ダイニングやストア、クイックサービスでの仕事になれば、仕事の合間にチラッと見ることはできる”かも”しれないです。(残念ながら鉄板江戸では見れません…。)

 

ですので、もし7月3日が休みだったら(4日は大体出勤になるので、3日は半日出勤だったり休みになったりするのです。)是非マジックキングダムへ花火を見に行ってください!

 

7月のオーランドは夕立が多く、雷も多いので…中止になる可能性、もしくは開始時間の遅れの可能性は大いにあります。

ですが、できればディズニー側も中止にしたくない花火ですので、できる限り開始時間を遅らせて花火を打ち上げます。

もし花火を見に行く場合、「今日のこの天気は絶対降らないっしょ!」と思っても、雨で開始が遅れる場合もあります。

その時にずぶ濡れで待たないように、折り畳み傘やポンチョは持って行くことを激しくオススメします。

 

7月4日勤務はむしろラッキー!良かったね!

6月下旬ごろに出るシフトをウキウキチェックすると…

…7月4日がっつり勤務入ってたーー!!ぐわーーーー!!!

 

…ということは、あるあるです!

1月や3月に入ったばかりのCRプログラム生にとっては初めての混雑のピークの日であり、9月に入ったCRプログラム生にとっては年末年始をジュニア(一番後輩ということですね。)として訳のわからんまま乗り切り、シニア(一番先輩という事ですね。)として最後の大混雑を軽くこなしながらの勤務日となる日です。

 

1月や3月のCR生にとっては、年末の疑似体験のような混雑日。

9月生にとっては最後の大混雑の日となります。

 

この日に勤務が入ってたら、しかもオールデー出勤だったら”むしろ”ラッキー!だと思って、お仕事に励んでください。

(ちなみに私は7月3日がOFF、4日はオールデー出勤というラッキーシフトでした。)

 

 アメリカならではの祝日を楽しんで!

アメリカでは最大の祝日である独立記念日。この日にアメリカにいる、そして世界最大のディズニーリゾートで働けるなんて……

一年経った今振り返ってみても最高の一日だったと思います。

皆さんにとっても最高の独立記念日になりますように。