火曜の夜にバスを待つ 〜ディズニーワールドで働く〜

三味線の師匠がCRプログラム生としてアメリカのWDWで働いていたブログです

CRプログラム中に熱中していたWDWのショー

f:id:hanaekiryuin:20161019120304j:plain

 

アメリカ・フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールドで働くことのできるCRプログラムについてのブログです。

 

こんにちは、hanaeです!

 

 

 

一年間の勤務の間、何と言っても嬉しい特典は「勤務期間中ほぼ毎日パークに入り放題!」な従業員パスが支給されることでしょう。

 

 

ほぼ、と書いたのは、一年間を通して数日は適応外の日があるからです。

それでもこの特典と同等のものを買おうと思うと、約$700ほどかかります。

 

 

勤務期間中いつでも気軽にパークに遊びに行けるのは、ただ楽しいだけではなく、CRプログラムの思い出作りのために最適な手段となりえます。

勤務が終わった後、パークの中で最も開演時間の長いマジック・キングダムに遊びに行く……ということができるのも、このプログラム期間中だけです。(しかも勤務地はエプコットなので、モノレール一本で行ける!)

 

同僚と仕事上がりに「今日マジキン行ってワッフル食べよ〜!」なんて話ができるのも、このCRプログラム期間中だけだったんだなあと思うと、この特典は最高の特典だったなと思うのです。

 

 

 

何度もパークに行くうちに…

おおよそ、おおよそですが、同僚の中からは大きく分けて3つの常連さんが出てきます。

 

  1. ハリウッド・スタジオの「美女と野獣ショー」の常連になる人
  2. アニマル・キングダムの「ファインディング・ニモ・ミュージカルショー」の常連になる人
  3. アニマル・キングダムの「フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング」の常連さんになる人

 

 

…だいたいこの3つのどれかの常連さんが出てきます。

たまに、ごく稀にこれ以外の常連さんもいますが。

 

 

私の同僚の中では、ライオンキングのショーのファンが多かったです。ニモのショーに100回以上も通い詰めたツワモノもいました!100回って好きでもなかなか通えませんよ〜!

 

 

私は3つの中ではライオンキングを見に行くことが多かったです。

色々なご縁があって、そのショーに出演している方と知り合いになったというのもあったのですが、単純にこのショーが大好きだったからです。

 

 

 

さて、何度もショーを見ていると、その出演者の方とお近づきになりたいのが人の心というもの…

 

私の同僚も出演者の皆さんと仲良くなり、ステージ裏で写真を撮ってもらったりということもあったようです。

何度も通うと出演者の方が顔を覚えてくれたり、休みの日に出演者の方が日本館に遊びに来てくれていたり……と、出演者の方々との交流を楽しめるのも、ディズニーで働くからこそ叶うことなのかなとも思います。

 

 

ショーのイメージを崩したくない!という人は、敢えて出演者と近づかないということを心がけている人もいました。

 

ディズニーのショーは本当に完成度が高くて、出演者の皆さんも素敵です。

常連さんにならずとも、一度は観ていただきたいショーばかりです。

 

 

遊びでディズニーワールドに来ることもCRプログラム以外ではあまりないでしょうし、遊びにきても相当のハードスケジュールです。時間に余裕を持ってショーを見られるのなんて、プログラム期間中ぐらいだと思いますので、期間中には是非足をお運びください。