火曜の夜にバスを待つ 〜ディズニーワールドで働く〜

三味線の師匠がCRプログラム生としてアメリカのWDWで働いていたブログです

CRプログラムの特権って、多分これだと思って過ごしてた

f:id:hanaekiryuin:20161019110409j:plain

アメリカのフロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニーワールド。そこで一年間勤務できるCRプログラムです。

 

 

CRプログラムで働くと、ディズニーファンには嬉しすぎる様々な特権があります。

  • 年間ほぼ毎日入場可能なパークチケット
  • お土産や食事は従業員割引適応
  • 従業員用のディズニーイベントあり

…と、まあ様々なブログで書かれているような、もう皆様そこはご存知かと思うんですけれど、嬉しい特典があるのです。

 

hanaekiryuin.hatenadiary.com

 

 

 

こういった特典はとても嬉しかったのですが、私はこれこそが何よりの特典だ!と深く感じた夜がありました。

 

ディズニーワールドで働き始めて早くも9ヶ月経ちます。

ディズニーキャストである以上はそれなりに特権もあります。

我が庭のようにパークに出入りできたり、特別なイベントに参加できたりするわけです。

 

ですが私がふとキャストの”特権”をしみじみと感じるのは、案外こういう夜なのかもしれません。

 

仕事終わり、ほぼ誰もいない雨のエプコットを一人トボトボと歩く夜。

 

オーランドで夜に雨が降り続けることは稀で、当然クローズ時間の頃にはパーク内にはほぼゲストはおらず、それに何より一人でこの時間帯にパークを歩くことなど、キャストにならなければいつできましょう。

 

 

これはエプコットで働いて9ヶ月過ぎた頃の、当時の私のFacebookから引用しました。

 

従業員の皆さんは終業後、内バスと呼ばれるパークの外側を走るバスで従業員用エントランスまで行きます。私は個人的に歩くのが大好きだったので、毎日エントランスまでパークの中を通って帰っていました。

 

ゲストもいません。キャストも数える程。

でもエプコットの音楽は変わらず流れているんです。

イタリア館のあの曲も、跳ね橋の近くで流れるアフリカっぽいあのメロディーも、中国館で流れる女子十二楽坊っぽいメロディーも。

一緒に歩く誰かがいれば、「今日はこんなことがあったね」とか「明日は何時から?」とか話しながら歩いていました。

 

 

パークチケットとか、割引とか、そういうのって「得した!やったー!」って嬉しいですけれど、案外過ぎてしまえば思い出としてインパクトが弱いんです。

従業員用のイベントも楽しかったけれど…

かけがえのない”特権”を感じてたのって、見過ごしがちなこういう夜だったと思うんです。