火曜の夜にバスを待つ 〜ディズニーワールドで働く〜

三味線の師匠がCRプログラム生としてアメリカのWDWで働いていたブログです

アメリカのディズニーで働く際の口座事情とカードの使い方※訂正済み

f:id:hanaekiryuin:20161019104630j:plain

アメリカ・フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールドで一年間勤務できるCRプログラム。

 

一年間ですので、長期での滞在となります。そこで気になるのは

 

「クレジットカードや現金の取り扱いって、どうしたらいいんだろう…?」

「旅行だったら必要だと思う現金を持っていけばいいけど…長期だから見当もつかない!」

「アメリカで日本のクレジットカードも問題なく使える??」

 

・・・などなど、お金のことを疑問に色々感じると思うんですね。

やっぱりお金がないと生活できませんし、もし日本で何かしら対策を立ててアメリカで生活しやすくなるなら、それをしない手はありません。

 

今回は

の4点をお伝えします。

 

 

アメリカで日本のカードは使える?クレジットカードのあれこれ

三越からの渡米前情報などでお知らせされているかどうか、分かりませんが…

日本のクレジットカードは、最低でも1枚は持っていた方がいい!(余力あらば2枚)

というのが私の意見です。

 

クレジット会社は

  • Visa
  • Master Card

のどちらかなら、全く問題なく使うことができます。

(JCBは使えるところがかなり限られていました。)

 

とはいえ、あまり日本のクレジットカードを使う機会といえば、渡米直後〜滞在2ヶ月目ぐらい、もしくは高額の買い物(航空券など)の時に限られると思います。

 

ですので、人によっては最初の数ヶ月だけ使って、あとはアメリカで作った銀行口座カードしか使わなかったよ!という方もいるかもしれません。

 

アメリカで作った銀行口座カードもとても便利なのですが、たまに使えなくなる時があります。(あとで詳しく説明します。)その場合、何の支払い手段も持ち得ないというのは困りますので、やはりカードは最低でも1枚は持っていた方が安心です。

 

 

アメリカでの口座開設!給与受け取りについて

さて、渡米直後から1〜2ヶ月ほど立ちますと、自分で稼いだお給料で日々の生活を賄えるようになってきます。

そうなると、段々と日本のクレジットカードは使う機会が減ってきます。

 

まず、私たちは渡米直後に様々な研修を受けることになりますが、その中に

「口座開設」

という大事な項目が含まれています。

皆さん就労のためにアメリカに来ているわけです。働けばお給料が発生します。セキュリティ上、毎週払われるお給料を現金でそのまま頂くわけにはいきません。

 

ですので、アメリカの銀行口座を開設する!ということは、とっても大切なことなのです!面倒臭いことですが、三越がそれを全面的にお手伝いしてくれます。海外での口座開設なんて、個人だとなかなか面倒なことなので・・・。

おおよそ、オーランドの地元銀行にて口座開設する場合が多いようです。

 

↑と、これは2015年に私たちが働いていた当時の情報で、今は口座開設の補助はないそうです。

2016年秋組から、ペイロールカード(デビットカードの一種)の開設のみが説明され、手続きなどは個人で行うようです。大変ですね…。

ペイロールカードについても少し調べましたが、お金を預け入れて置けるという点で見れば簡易版銀行口座といった感じですね。

 

銀行口座アカウントのようにChecking accountやSaving accountなどはあるのでしょうかね…?

 

 

現金?カード??どうやって支払う?アメリカの支払い事情 

さて、日々の暮らしにはお金の支払いがつきものです。現金で払うのも勿論良いのですが、現金支払い至上主義の日本とは少し事情が違う点があります。

 

多少の違いはあれど、一番大きいのは

ほとんどの店舗でデビットカードが使える

ということだと思います。

f:id:hanaekiryuin:20161019104704p:plain

都会にお住いの方はデビットカードと聞いて、「ああ、あれね!」とピンと来るかもしれませんが、こちとら田舎のアラサーだったので、全く分からなかったのです。分からない方のためにご説明!

 

 

日本の場合、カードで支払う場合はクレジットで支払います。使用月の合計金額が、来月の決まった日にまとめて引き落としされるというシステムですが・・・

デビットカードは使った時点で口座から使用金額分が引き落としされるというシステムです。

 

また、オンラインバンキングで、個人アカウントにログインすると「いつ」「どこで」「いくら」お金を使ったのかが詳細に分かります。(デビットカード支払いだと、日々の無駄遣いも見えるというわけです!)

 

 

日本だと楽天銀行などがデビットカードを発行していますので、どんな感じか知りたい方は作ってみてもいいかもしれません。

とっても便利なシステムです。

 

現金支払いは”あまり”しません。カードの方が処理が早いんでしょうね。

ですが、このデビットカード支払いは便利なのですが、たまにカードが使えなくなる場合があります。高額な買い物をした後や、スキミングの恐れがある場合などは、カード会社の判断によってカードが使用停止になります。

 

 

スーパーで現金が引き出せる???!!アメリカのATM事情 

「がーん!デビットカードが使用停止になった!」

…そんな時、現金を多少なりとも持っていると安心です。

 

アメリカにおいて、現金の引き出しは

  • ATM
  • スーパー

の、どちらかで出来ます。

「え?ATMはわかるけど、スーパー?????」

と思われるかもしれませんが、本当です。

 

ATMはスーパーやディズニーの施設内にもあるので、そこだと問題なく引き下ろせます。が、大抵道に面したところで、日本のATMボックスのように個別に小さい建物があったりすることはあまりありません。

 

これはセキュリティ上の問題で、個室にATMを作ると、そこが犯罪の温床になります。ATMに入るということは、お金を持っているということですから、現金を引き出した直後に襲撃される恐れもあるわけです。

ですので、道に面したATMや、スーパーでの現金引き出しの方が安全なのですねえ…。

 

 

ちなみに、スーパーでの現金引き出しは、お会計後に現金を引き出すかどうかをタッチパネル上で聞かれます。その時に必要な金額(大抵上限は50ドルほどです)をタッチすればOKです。

 

 

使用停止になったカードの戻し方

一気に高額の買い物をした、もしくはフロリダ州以外でカードを使った

…という場合、銀行が勝手にカードを止める場合がよくあります。

 

使用停止になった場合は、銀行へ電話もしくはメールで連絡します。

「使用停止になっているので、解除して〜!」と連絡すれば、また使えるようになります。

 

 

 

以上、アメリカでのカード事情、お給料の振込先、日々の支払いについて簡単にまとめてみました。

私も渡米前はクレジットカードは2枚持ち(1枚はJCBだったので全く使いませんでした。)現金も$600(+日本円2万円)ぐらいしか持っていかなかったです。それでも、何とか過ごすことはできました!

 

現地へ行ってしまえば何とかなるものですが、お金は生活の基盤ですので、渡米前はいろいろと不安に思うことも多いと思います。この記事が何かしらのお役に立てば幸いです!

 

※画像は

からお借りしました!便利ですね!