火曜の夜にバスを待つ 〜ディズニーワールドで働く〜

三味線の師匠がCRプログラム生としてアメリカのWDWで働いていたブログです

CRプログラムに案外持っていかなくてもいい着物or浴衣

f:id:hanaekiryuin:20161016102444j:plain

2016年10月16日に”はてなブログ”へ完全お引っ越ししてからの、第一回目の記事になりました。

 

アメリカ・フロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールドで1年間勤務することができるCRプログラム。

 

このプログラムはディズニーワールド内にあるテーマパーク「エプコット」の一角にある、「日本館」で働くためのプログラムです。日本館では様々な日本の疑似体験ができるように

  • お買い物
  • お食事
  • 折り紙、和太鼓などの文化鑑賞

の大きく分けて3つを提供しています。

 

さて、私たちはゲストに日本の疑似体験を提供しております。何より私たちは「文化交流大使」という名目で派遣されております。(Q1ビザとは、そういう目的のものです。)

ですので、日本から持っていく持ち物の中に「着物」もしくは「浴衣」が入るのは必然かなと思うのです。

 

ですけれど…

大変ですよね?着物とか浴衣持っていくのって???!

 

 

なので今回は、実際にCRプログラムを経験して

「浴衣(着物)は必要だったのか?」

を、一体験を交えてお話ししたいと思います。

 

まず知ってほしい!部署によって浴衣(着物)は全く必要ない!

結構最初からぶっ飛ばした見出しなんですけれど…本当のことです。

渡米前説明会では「持って行った方がいい!」と押される浴衣(着物)なのですが、年間を通じて全く使わない部署もあります。「結局着なかった。」と言って、ルームメイトにあげて帰国する同期もいました。

 

年間を通じて全く必要のない部署を挙げます。

  • 東京サーバー
  • 鉄板サーバー
  • 寿司シェフ
  • 鉄板シェフ

以上です。ほとんどダイニングですね。

ダイニングの中でもゲストサービスのみ、夏季限定(6月〜8月頃)は浴衣の着用が許可されます。ですが、上司のチェックが入りますので、必ずしも持って行った浴衣が着用できるかは分かりません。

 

ですので、ダイニングで既に合格をもらっている方、そして「ゲストサービス希望じゃない!それに浴衣は着ない!いらない!」と心に決めている方は別に持っていかなくても全然困りません。

 

 

…となると、むしろ必要な部署はあるの?

となると気になるのは…

「じゃあ、必要な部署ってどこなんだ?」

ってところですよね。

 

それはマーチャンダイズの全ての部署です。

毎年5月5日(こどもの日)と7月7日(七夕)は、日本の文化を紹介する日として「マーチャンダイズ部署出勤者全員が浴衣で接客」する日となります。

 

ですが、じゃあ浴衣持ってないと困る?と言えばそうでもなく、三越マーチャンダイズのサイレンスゾーンにある着物を貸してもらうことも可能です。

 

 

プログラム中に浴衣(着物)を着る機会は?

職務以外で着る機会と言えば…まあ、作ろうと思えば機会はいくらでも作れます。

 

例えば

  • パークへ遊びに行く
  • イベントへ浴衣(着物)で参加する
  • ナイトオブスターズに出演する時に着る
  • おしゃれな店に食事に行く

とか、そういう機会を作れば良いと思います。友達同士で浴衣着てパーク行くとか、めっちゃ楽しいですよ!!

 

手前味噌な話で申し訳ないのですが、私は結構着る機会が多かったです。

  • 三味線教室の時
  • 日本祭に出演した時
  • ナイトオブスターズに出演した時
  • スターウォーズウィークエンド
  • マジキンへ遊びに行った時
  • 日本食レストランで食事をした時
  • 三越クリスマスパーティー(これは、同期に貸しただけですが…)

とかですね…。

 

とはいえ荷物が多くなる!軽い浴衣(着物)の選び方

そうなんですよ。荷物多くなります!

ですので、持っていかなくてもいいもののは持って行きません。

  • 下駄は持っていかない(サンダルで代用)
  • 軽い素材のものを選ぶ
  • 帯は作り帯を選ばず、簡単な結び方を覚えて通常の帯を持っていく

などの対策をされるといいと思いますよ。

浴衣の軽い素材のものは、生地が薄手のものが多いので、

  • 透けないように下にキャミソールを着る
  • 薄い色の浴衣を避ける(白とか水色…透けますね。)
  • 足さばきを良くするためにステテコを履く

などされるとよろしいかと思います。足さばきって結構重要で、太もも周りの不快感軽減にはステテコが本当にオススメです。軽いですし。

 

 

一年間の滞在中、着ない人はほーんとに着ないです!

三越からの最後の離職手続きの時に

「次来るCR生に、持っていくものをオススメするとしたらなんですか?」

と三越の社員さんに聞かれ、質問に答えた後に

「あと、浴衣は別に必須じゃなくてもいい…ということを伝えてあげたらどうでしょう?」

と提案したほどです。

 

ですが、CRは本当にいい機会なので「これを機に日本の伝統衣装をしっかり着られるようになる!」という目標を立てるのは素敵なことだと思います!本当にこれは自由です。一情報としてお役にて立ててもらえれば幸いです。