読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火曜の夜にバスを待つ 〜ディズニーワールドで働く〜

三味線の師匠が米国三越CRプログラム生としてアメリカのWDWで働いていたブログです

試験結果待ちで「不合格かもしれない」という不安と戦っている皆さんへ

f:id:hanaekiryuin:20161110172340j:plain

アメリカのフロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで働けるCRプログラムのブログです。

今回はいつもと趣向を変えて、後輩のブログを紹介します。

 

後輩のブログの記事を紹介します。

今回は初めての試みなのですが、OB生のブログを紹介します。

 

一期後輩のぴくみんさんです。

今回はぴくみんさんから許可を頂いて、大変貴重な記事を紹介させて頂いております。

 

…というのも、ぴくみんさん自身にしか書けない貴重な経験があったから!です。

 

ぴくみんさんは同期と2ヶ月半も遅れて渡米した経験を持つCR生です。

なぜそんなことが?!?!

と、思われるかもしれませんが、それは是非彼女のブログを読んでみてほしいと思います。

 

ameblo.jp

 

ぴくみんさんの貴重な体験はきっと誰かの心に届くはず!

一期後輩のぴくみんさんは、一番長い時間を一緒に過ごした後輩になります。

セクションは違っていたので会う機会も少なく、CR中に一緒に仕事ができたのは年末の特別業務中だけでした。

 

とはいえ、セクションは違うのですが「2ヶ月半遅れて新しいCR生が来るらしい!」という話があった時、それはそれは驚きました!

まず、「何があったんだ?!」

ってことを考えましたよね。

 

2ヶ月半遅れでもそれをマイナスと考えず、プラスの方向に持って行けたのはぴくみんさんの前向きさ、変えられない過去よりも変えられる未来を変えていこうという気持ちからだったのですね。

 

不合格だった方へのメッセージも心に響く

ぴくみんさんが合格通知を受けたのは、紆余曲折あっての合格だったそうです。だからこそこの不合格だった方へのメッセージが心に響きます。

少し引用させていただきますね。

 

CRプログラムへの情熱が強すぎて、四六時中そのことばかり考えているみなさん(私を含む)。

その気持ちは痛いほどわかるのですが、他にも色々面白いことって転がっていると思います!

 

そうなんです!

実は私も補欠合格という宙ぶらりん状態で「あ、CR落ちたわー。」と思っていた時、ほかに何か今の自分にできることを模索していたのですね。

国際交流の大会で初めての北海道に行ったり、三味線の舞台に出たり…。本当にめまぐるしい日々を過ごす中で唐突に合格の電話が来ました。

 

OB生の今が知れるブログって…貴重だと思う

ここの情報を見られる方々は、おそらく渡米前の方が一番多いと思います。受験を終えて結果待ちの方も多そうですが、その状態って、

「とにかくCRプログラムの情報が知りたい!!!!」

となると思います。

いや、誰だってそーだ。私もそー思う。

 

ですけれど、CRプログラムって、長い人生のたった一つの通過点に過ぎないんです。長い人生の中の、たったの1年。

 

プログラム後もその先の人生が待っています。

CRプログラム中ももちろん大切なのですが、「OBはどんなことをしているんだろう??」「どんな仕事について、どんな姿勢で仕事に取り組んでいるんだろう??」

そういった情報もお届けできたらいいなーと思っていますし、私が本当に伝えたいところはそこの情報なのです!

 

最後に、ぴくみんさんのブログをご紹介

最後に、改めてぴくみんさんのブログ

「ありがとうでミラクルを起こす」

をご紹介します。

 

ameblo.jp

 

ブログに紹介することを快諾して下さったぴくみんさん、ありがとうございました!

 

私自身の繰り上がり合格までの経緯はこちらの記事にまとめました

 

www.hanae-cr.com

↑私が補欠繰り上がりになったときの話です。

 

www.hanae-cr.com

 ↑私の経験も混ぜ、他の方の体験もちょこっと書いてます。補欠って一番心がざわつきますよね。